陸軍飛行戦隊一覧   
飛行第八十戦隊〜飛行第八九戦隊
  

飛行第八十戦隊
    欠番
 
 
 
 
 

飛行第八一戦隊
  飛行分科 司偵
編成時期 昭和16年9月20日
編成地 彰徳
使用機種 九七司偵 一〇〇司偵 キ一〇二
終戦時の所在地 レグー
解説 独立飛行第十六中隊を改編して編成された司偵部隊。
昭和16年11月、プノンペンに進出し、太平洋戦争開戦前の隠密捜索を開始した。
開戦後はマレー、シンガポール、ボルネオ、ジャワの偵察任務に従事する。パレンバン空挺作戦の際には空挺部隊の将校を同乗させ、現地の地形情報・天候を調査。降下後には状況偵察にと協力した。
昭和17年7月、ビルマに展開し、インド、雲南、昆明の偵察任務に従事する。その後当初の2個中隊編成から増強されて3個中隊編成となるが、1個中隊がニューギニアに派遣された。
昭和18年4月、8戦隊司偵中隊を編入し、部隊の規模を拡大するが、この頃から戦隊の被害が大きくなってくる。
昭和20年4月、クラコールに後退し、部隊の戦力が消耗し解隊となった15戦隊の人員機材を収容して再建を行ったが、そのまま終戦を迎えた。

飛行第八二戦隊
  飛行分科 司偵
編成時期 昭和19年10月31日
編成地 漢口
使用機種 一〇〇司偵
終戦時の所在地 京城
解説

飛行第八三戦隊
  飛行分科 偵察
編成時期 昭和16年3月1日
編成地 海林
使用機種 九八直協 九九軍偵
終戦時の所在地 クチン
解説 編成後の昭和16年7月25日、第八三独立飛行隊本部・独立飛行第七一中隊・独立飛行第七三中隊・独立飛行第八九中隊に改編される。
昭和19年3月、ラングーンで第八三独立飛行隊本部・独立飛行第八九中隊・独立飛行第九一中隊をもって再編成される。
以後、ボルネオ島ラグアンに展開し、海上交通保護に従事するが、6月に一部がビルマに進出し、雲南省?孟守備隊に対する空中輸送任務に従事する。
12月、ネグロス島北部に展開。レイテ作戦に参加しようとしたが、12月28日にタイサイで空襲を受け、全機喪失した。

飛行第八四戦隊
    欠番
 
 
 
 
 

飛行第八五戦隊
  飛行分科 戦闘
編成時期 昭和16年3月7日
編成地 孫家
使用機種 九七戦 一式戦 二式単戦 四式戦
終戦時の所在地 京城
解説

飛行第八六戦隊
    欠番
 
 
 
 
 

飛行第八七戦隊
  飛行分科 戦闘
編成時期 昭和16年3月1日
編成地 ハルピン
使用機種 九七戦 二式単戦
終戦時の所在地 タンジュンバト
解説

飛行第八八戦隊
    欠番
 
 
 
 
 

飛行第八九戦隊
    欠番
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .