春の京都旅行 2001

行ってきました、京都旅行。まぁお花見旅行です。
実はうちの奥様、会社を今月で退職するので、その前に会社関係のクーポンやら保養所、提携先のホテル等使えるものは全て使うべし!という一環で旅行を計画しました。その為以前から行きたがっていた京都に行って来たのですが・・・人多すぎ!
この時期、お花見シーズンで京都はメチャ混みです。今回は清水寺から銀閣寺の間を中心に回ったのですが何処行っても人・人・人。ゆっくり散策なんて出来やしません。私は夏にしか行ったことないし、奥様も空いているからという理由で冬にしか行ってません。修学旅行は別ですが・・・
なので今回は初めての観光シーズンど真ん中を玉砕覚悟で行ってきました。






4月7日(土)

土曜日出発です。今回は新年度開始早々有給休暇を取ったので多少余裕があったのですが・・・前日の終電での帰宅は少々こたえてます。
別に呑んで遅くなった訳ではなく、仕事の打ち合わせが延びて遅くなっただけです。私を直接しる人は信じないかもしれませんが本当です。信じてね。

今回は朝から一悶着ありまして・・・何故朝から掃除機をかけるのだ?
そりゃ確かに汚れてたし帰ってきてからよりかはいいと思うのだがなにも出発30分前に掃除しなくても・・・
よって朝から駅まで走ってしまった。次は止めようね、奥様(^^;

朝8:30分自宅出発・・・いや〜平日の出勤に比べれば嘘のような遅さです。毎朝5:40に家を出る私には朝の上りきった太陽はまぶしいぜっ。
しかしこの時間・・・そう、少し遅いとはいえ通勤・通学の時間にぶつかってしまった。これが嫌だからいつも早く出社するのに・・・
さて、新横浜から『ひかり』で京都まで。今回の新幹線は・・・?知らん!私は『てっちゃん』ではないので形式は知りません。たしか昔の形の新幹線は全て廃車されてるとか聞いたことがあります。よって恐らく全ての車両が私にとっては初乗車でしょう。
今回乗った車両は・・・一言で言って『かものはし号』でした。よく知りませんが・・・

かものはし号   ぬ〜、何故こんなにピンぼけ?しかし他に写真がナッシング!!
今回行きに乗った新幹線です。東海道新幹線に乗ったのは8年ぶりでしょうか?
しかし・・・・・・・不細工なツラだ。
空気抵抗とかを考慮すると意外と良いのかも知れませんが、私が考える機能美とは何かが違う気がする。何故?

新幹線・・・・・・流石日本が世界に誇る夢の超特急!早い。何よりも快適である。座席でこれだけ足が延ばせるとは・・・いいねぇ。航空会社も見習って欲しいものです。
しかし午前中の便だからでしょうか?それとも今は無いのでしょうか・・・駅弁が来ない!
ぬ〜〜〜、私の最大の楽しみがないとは。仕方ないせめてビールでも・・・
『呑んじゃダメ!』「はい。しゅん
こうして最大の敵、奥様によって禁止された私には爽健美茶を飲みつつ寝てるしかないのであった。(T_T)

12:22京都着
私、京都は何年ぶりでしょうか?いつもは神奈川から車で来るんです。いや、京都を通過と言った方が正解ですが・・・
四国に飛ばされた友人を盆休みに実家に連れ返すために始まった神奈川〜四国横断ドライブは回を重ねる毎に寄り道が多くなり、ついに青森から阿蘇まで縦断してしまいました。ついには友人の飛ばされた先はただの旅の途中の宿と化し、奴が本社に奇跡的に栄転した一昨年は『さっさと何処かに飛ばされてしまえ!』という事態にまで発展。おかげで途中で寄っていた京都も有馬温泉もしばらく行ってません。
『Mよ、早く転勤してくれ!ただし温泉地希望だ。それ以外は却下!』
・・・話が横道にそれてしまった。
そんな訳で3年ぶり・・・いやもっとか?
京都のみに観光に来たのは中学の修学旅行以来だろうか。久々の京都は・・・変わった。
なんじゃ、この駅は。凄すぎる。こんなの京都じゃない!
まぁいい、取敢えずはメシだ。我々は昼食の場所を最初から決めていた。今回は思いっきりミーハーに観光客になりきる予定である。
そこで事前情報で仕入れた京野菜を使ったフレンチに決定。早速地下鉄で『烏丸御池』へ。目標は新風館にあるTAWAWAである。

新風館です。
新風館
です。
旧京都中央電話局舎を改築した商業スペースです。今回の目的の一つでもありました。しかし実際には飯を食いに行っただけなのですが…
4方向を囲まれた中央にイベントステージがあります。
非常にうらやましいですなぁ。都内だと平日の昼はOL・サラリーマンでいっぱいになりそうですが…
中央イベントステージ上。オープンテラスです。 中央イベントステージです。

さて、TAWAWAですがカジュアルフレンチという感じの店です。やはり女性向きか?私には似合わない気がせんでもないがまぁOK!
腹が減ってる私にはそんなのは敵ではありません。本当の敵は・・・人がいっぱい!
普段行列にはほとんど並ぶことの無い私には・・・くっ、我慢出来るのか、俺。
いや、今回は並ぶべし!覚悟を決めたぜっ。待ってろよ、絶対喰う!
その間他をブラブラしつつ順番を待つ。
まぁ20分程度だったので良しとしよう。しかし見事に女性客ばかり。やはりそういう店か・・・男性客のみというのはサラリーマン3人組が1組のみ。しかも長居してるし…我々が入る前からいたのに出たのはほぼ同じだったな。
メニューを見る。決まりだ。速攻だぜ。『一番安いランチをくれ。2つだ。俺は魚で彼女は肉だ。』はやっ。
・・・・・・いや、なにやら私を知っている人は疑問に思っているようですが・・・本当に私が魚料理です。奥様が肉料理だったのは意外ですがまぁ食べ比べということで。
基本的に美味しそうな店では私は魚系です。肉はどうやったって同じような味になりますから。

京野菜ラインナップ!
(左)
お店で使われている京野菜です。

(左下)
肉料理:牛ヒレのサーロインステーキ
うっ、薄い!しかも香辛料がきつい。

(下)
魚料理:スズキのポワレ?(なんだっけ。忘れた。)
まあまあのお味です。美味し!
うす〜〜〜いサーロインステーキ。 ちょっとしかない魚料理。でも美味い!

感想は美味い!店も良い。女性向けですね。夜は知らないけどまぁランチとしては私的にはサイコーでした。女性と行くならお薦めかも。しかし気になった点もあります。
多分流行なのでしょうか?店に入ったとたん厨房がガラス張りで中丸見えなのは私としては嫌です。見えていいのは手打ち蕎麦&うどんだけだと思ってますから。
あと威勢が良すぎ(^^; こんなにも活気があると少しうるさいです。



店を出た我々は次に今日の宿に向かう。店を出たときには15:00に近かったのだ。いったい何時間いたんだろう?
1日目の宿泊場所は『青蓮院』の前にある『楠壮』。・・・古っ!…いや、伝統のある由緒正しい旅館です。はい。まぁ色々とありましたが、飯もまあまあだし、なにより観光名所の真ん前っ!て言うのは最高です。朝早くから夜遅くまで目の前の細い通りを人が歩いてます。我々の部屋は通りに面した2階なので障子&カーテンをあけると丸見えになってしまいます。う〜ん、いいのか悪いのか(^^;
しかし2つ隣の部屋が宴会場なのは困った。いや2階は半分以上宴会場ですな。まぁ隣じゃなかったので良しとしましょう。
この時期どこの寺も春の特別拝観とかで夜も入れます。ライトアップしてあって最高の時期です。なので遅くまで人がいっぱい。

我々はまだ部屋が準備中とのことなので荷物を預けて即観光に再出発。すでに夕方なので近くのみだが。
徒歩2分で知恩院だ。・・・・・・近いよ、こんなに近いなんて。しかし無視してその先の円山公園に桜を見に行く。

知恩院の総門です。残念ながら今回は時間の都合で拝観できませんでした。 円山公園のしだれ桜です。可能な限り人の山を消して撮影するとこんな感じにしかなりませんでした。

うわぁ〜〜〜〜〜〜人がいっぱい。多分今年最高の花見日和だったのだろう。満開の桜と騒ぐ宴会軍団。無理だ。この状態で花をゆっくり見るなぞ不可能だ。とりあえず『清水寺』目指して『1年坂』『2年坂』『3年坂』と上り『清水寺』へと向かう。
やっぱりここも凄い人だ。

清水寺っス。舞台から撮影しました。舞台を撮るのは出来ませんでした。
清水の舞台より撮影。
人多すぎ。まともに撮影できない。
他にも撮影したけど清水らしいのって撮影出来ませんでした。

『清水寺』から来た道を戻って宿まで・・・・・迷った(爆)
来た道を戻るだけだったのに・・・何か変だとは思ったんだよなぁ。途中で観光地図を見つけて現在地を確認。


・・・・・最初から違ってた。(^^;


まいった。『清水寺』を出る段階で1本隣の道を違うでやんの。全部みやげ物やばかりとは言え私が道に迷うとは・・・なさけない。
メチャクチャ大回りしてバス通りを歩いて宿まで・・・途中に八坂神社発見。しかし見に行く気力はナッシング!仕方なく写真だけ撮って再び円山公園に突入する。人も車も大渋滞だ。そこらで花見の宴が・・・親父ども全開で酔ってます。うるせぇ〜!

やっと帰り着いた宿・・・古い・・・まぁ予想はしていたが部屋でネットに接続出来ない。
折角モデムがあっても無駄であった。フロントの公衆電話・・・いいや、もう。明日にしよう。
風呂入ってメシ喰って再び出かけよう。取敢えずはメシだ。期待はしてないが美味いもん食わせてね。とにかくビール呑むべし!
結果出てきたメシは・・・まぁこんなもんでしょ。といった感じの普通の宿のメシでした。京都で晩飯に湯豆腐がない。
俺的に失格決定!(もっとも朝食についてましたが・・・)
では晩飯のラインナップです。っていうかσ(^_^)なに撮影してんだろうね。毎食撮影してるし・・・(^^;

宿のメシ・・・貧相だ。しかし後から追加でもっと出てきました。最初はえ〜〜〜!これだけかよってな感じでしたが・・・
宿のメシです。後から5品ぐらい追加されました。しかし最初がこれだけ。第1印象で最悪です。結果的にはそれなりの量ですがあとからの分は撮影できませんでした。酔ってたし、喰い散らかしがあったので・・・まぁ忘れたんですが。
結果的には今回の旅行でワーストNo.2です。
あくまで私の感想ですが・・・

とにかくメシ喰った我々は早速夜の部に出かける。
この時期何処も夜の特別拝観を行っているようで・・・『青蓮院』もやってました。宿の前なので早速GOです。
う〜ん、夜もいいですなぁ。ただし写真は全滅です。
デジカメのフラッシュでは光が届きません。まぁ夜用の装備を持ってませんでしたから当たり前ですな。
行ったのは1ヶ所だけでしたが、他は・・・いいやっ!
それより他に気になることが・・・早く宿に帰りたいです。
コンビニでデザートを買い込んで急いで宿へ。早速スイッチ・オン!間に合った。
じ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとテレビを見る。

早く結果を!



いいから引っ張るなよ、そんなに!



ちょっとCM多すぎだよ、早くしろって!(イライラ)




やったー!!
坂本ちゃん日大合格おめでとう〜(^O^)/


はい、もう宿で新聞見てテレビがあることを知ったその時からもうこれしか頭にありませんでした。
へっ?何だか解らない?『進ぬ電波少年』のことです。
いや〜、坂本ちゃん合格おめでとう!
そして今年日大に入学した皆様、まぁ〜そんな嘆くなって。坂本ちゃんは実力で合格したんだし、大学側も認めたんだから・・・
どう考えても実力とは思えなかった昨年の早稲田に比べれば・・・ねぇ(^^;

こうして第1日目は過ぎていくのであった。







4月8日(日)

2日目です。朝いつもより遅く目が覚める。
朝の最初のイベント、そう朝メシです。では写真をどうぞ。

二日目の朝飯です。
2日目の朝飯です。朝から湯豆腐・・・
今回は外で湯豆腐を食べる予定が一切無かったので意外でした。だって昨夜の晩飯に絶対あると思ってたから。

量は・・・まぁいいです。意外と美味かったので俺的にOK!
しかし朝から湯豆腐・・・普通冷奴だよなぁ。
結局朝から4杯も食べてしまいました。ちっょと多すぎ?でも茶碗小さかったし・・・普通だよね、きっと。

さて2日目の行程です。銀閣〜南禅寺・・・いわゆる『哲学の道』です。過去に何度も行ったことがあるのですが、全部歩くのは今回が始めて。
距離にして1.8km程度らしいです。
さっそく宿をチェックアウトして・・・おい、フロントの動き悪すぎ(怒)
他に1組しかいないのに5分以上待たすな!みろ、後ろに客が溜まってるじゃないか。はよせいっ!

先ずは荷物を駅のコインロッカーに放り込んでバスで銀閣寺へGO!
たどり着いた銀閣寺は・・・・・・7年ぶりでしょうか。しかし数百年の歴史をもつ京都の寺。なにも変わってません。まぁあたりまえでしょうか。
私は銀閣寺好きですねぇ。個人的にNo.2です。No.1は竜安寺ですが・・・
久々の銀閣寺はやはり人ごみでいっぱいでした。
しかし写真を撮らねばなりません。できれば奥様と2人で。ポイントごとに後ろの人に『撮ってあげるから私達も撮って下さい。』と頼む。
流石にだれも断りません。これで断るような奴は今までに一度もあったことありませんが・・・
7年前、友人達と一緒に撮ったただ一枚の写真が実は私の顔に影がかかって真っ黒になっている嫌な思い出の場所でもリベンジを果たし、取あえずの目的を果たしました。

銀閣寺@ やはりこの人ごみに混じって記念撮影してます。 銀閣寺A 結構好きです、この画像。
銀閣寺B 順路に沿って上った山(?)の上から全景を撮影。
とりあえず何とか撮影出来た銀閣寺です。
これ以外は人がいっぱいでとても見せられません。
私は好きなのですが、もしこれが金閣寺同様全面銀パク貼りだったら・・・きっと最悪だと思うのですが。

さて、いよいよ銀閣寺を出発し哲学の道を進撃します。名前がσ(^_^)には無縁のような気もしますが・・・まぁいいでしょう。
ここを歩けば私も哲学について考えられるかもしれません。いまこそこの無限の煩悩を捨て去ることができるかも・・・
しかしそこは欲望にまみれた観光客の大行列であった。

人多すぎ(ー_ー)

そしてそこには我が煩悩を最大値まで一気にレベルアップさせる最凶のアイテム。
京都における最強のターゲット、その名も・・・








        舞妓さん (萌え!)







の登場である。
う〜ん舞妓さんが見れた・・・
京都旅行・最重要イベント、クリアー!!
いや、まだだ。写真を撮らねば・・・しかし今σ(^_^)の横には


奥様がにらんでる。(^^;)



どーする、俺。最大のピンチ!
しかし撮らねばカメラ小僧の名がすたる。俺の手にはデジカメ、他には奥様のポケットカメラ。出来ればフィルムに残したい。しかし・・・
最初銀閣寺の前で遭遇した時は正直あきらめました。しかし身体になにかが出ていたのでしょう。

奥様『・・・(ふぅ)撮ってくれば』(諦めたように)

σ(^_^)『いや、いい・・・』

諦めました。この時点ではきっぱりと。
しかし数分後『哲学の道』で再び遭遇すると自分を止められませんでした。
奥様のカメラを持って早速GOです。他にも撮っている人はいます。しかし通りすがりに写すとかですのでここは一つ手本を見せねば。
撮らせてくださいと一言声を掛けます。(当然)
う〜ん、どうやら撮られるのは慣れているようでしたが、正面きって撮らせてくださいという人は少ないようです。ちっょとビックリしてましたが。
・・・っと言うより引いていたようだったが(^^;
ではその成果をお見せしましょう。↓です。


わっはっはっ
すまん。奥様がまだ現像してくれないのよ。
入手出来次第UPします。

(2001.6.11)
奥様旅行の為不在。
この隙に写真入手に成功(笑)

引き続き歩く哲学の道。
桜は満開。隣を流れる小川の水面は一杯の桜の花びら。
時折吹く風が道行く人々に桜の花びらのシャワーを浴びせる。
これほど綺麗な風景もそうそう見れないであろう。

これで人がもっと少なければ・・・ねぇ(^_^)

実に思い出に残るような道であった。
しかし我々の行く手には大いなる壁が立ちはだかっていたのである。
そう、頭ではわかっていても対処出来ない敵が・・・





腹へった・・・





そう、空腹というある意味最強の敵である。私はまだ朝の補充物資(メシ4杯)に途中売られていた団子で小腹を満たしていた為まだ余裕はある。
1本50円のみたらし団子〜!結構美味い! しかも1本50円という価格には私が飛びつかない訳がない。
追加して喰った3本の団子は確かに私をこの最凶の敵から守ってくれた。
しかし奴はこともあろうに奥様に狙いをさだめたのである。
奥様のエネルギー補給率は確実に私の1/4以下である。
途中喰うところはあったのだが・・・
高い&湯豆腐ばっか。
結局喰わずに南禅寺に到着したのだがその時にはすっかりダウンしてしまいました。
とりあえず喰ってから拝観ということにしたのだが回りは込んでるし食べるところも少ない。
結局さっさと拝観して別のところに行こうという事に決定。しかしこれが悲劇のはじまりであった。

はっきり言ってよく憶えていない。中の庭園の一部に入り見学したのだが・・・多分南禅院であろうか?

南禅寺の中。多分南禅院でしょうか?
当日修学旅行生相手の説法が行われており撮影出来る雰囲気じゃなかったです。池を挟んで反対側から撮影。
結局ここは・・・何なんでしょう?

次に出てから脇の階段を上り琵琶湖からの水路沿いの散策をしました。
はっきり言って地図みてません。
どこに行くのかも知りません。人がいっぱいいたのでついていきました。
で結局・・・





2度目の迷子決定(ToT)




もぅ情けなくなりました。途中から変だとは思ったのですが狭いところを抜けて広い場所に出るとそこは・・・
何処?
人に聞くともはや別の場所です。空腹の我々には戻るという選択肢は消滅していました。
あ〜〜っ、南禅寺の山門、写真に収めてない(ToT)
後で撮ろうとしたのに・・・
全ては終わった。

結局我々は線路を伝って下界へと下ったのである。
あー、線路とは明治〜昭和初期に使われた琵琶湖流水を利用した船を山に引き上げる為の線路のことです。

線路(?)際の桜並木です。奥様がいたりして・・・(^^;
ここも今は花見の名所として多くのカメラ小僧(主に爺婆)が三脚を構えて撮影していました。
疲れた身体にこの坂はメチャ歩きづらい。

下まで降りた我々の目に飛び込んできたもの。
それは駅であった。それは我々が荷物を預けた隣の駅だったりして。
しかしここで電車に乗るわけには行かない。まだ見たいところはいっぱいあるのだ。
何とか下までたどり着いた我々はもはやお互いに一つのことしか考えていない。
そう、『昼メシ』である。
しかし何処もかしこも高そうな湯豆腐の店ばかり。
しかたなく近くの比較的まともそうな喫茶店らしき店に・・・
だって『そば』って書いてあるし・・・なぜに喫茶店で蕎麦を食わねばならんのか・・・
そして今回ワースト1のメシを食す。『にしんそば』だ。

名物にしんそば。 しかしなぜニシンなんだ?
やはり『空腹』は最大の調味料であることを再確認しました。

・・・・・取あえずメシ喰った我々は次なる目的地を目指す。
次は平安神宮である。
いや、最初は予定なかったんです。もっとゆっくり回るつもりで・・・しかしあの巨大な鳥居をみた瞬間行くことに決定。奥様は以前行ったらしいが私は行ってない。ならば問題なし。再び歩き出したのである。

ついに鳥居が見えた。いざ出撃・・・・・でっけぇ〜〜(ビックリ)

巨大鳥居 でっかいぜっ!
ちっょちビックリしました。
でかいよ。
一瞬中国に来たか?と本気で思った。

中に入るとさらにデカイ。なんかスケールが大きいです。
とりあえずしだれ桜をみるべく中に・・・・ん?
おおっ結婚式してる。ちっょと見るか。





巫女さん発見!(萌え!!)




う〜む、舞妓さんに続き巫女さんまで(^^;
今日はいい日だ。
ど〜れ、写真でも・・・・・・遠い(ToT)
うっうっ、望遠レンズが・・・500mmを持ってくるんだった。
本気で後悔しました。
結婚式での巫女さん。座ってお守りとか売ってる巫女さんじゃなく全身撮れるチャンスが・・・
これはぜひ弟の結婚式の時にリターンマッチしてやると心に誓ったのである。
(6月に乃木神社にて挙式予定)

いよいよしだれ桜だ。ここは入場するさいに三脚&一脚は持ち込み料2000円を取られるらしい。
まぁ今回は関係ないが・・・
中に入ったら納得しました。
確かに綺麗だ。こりゃ花を撮るカメラ小僧にはお薦めだろう。しかし・・・



今回の旅行中最大の人ごみ(−_−)

しだれ桜 入ってすぐの場所です。
確かに凄いのですが人も凄い。
とても写真なんか撮れません。
また写真に撮るよりも実際に行った方が絶対にお薦めです。

もうあまりの人ごみでまともに歩くことも出来ない。
少し進めれば広くなるのでまだましですが・・・それでも多いよなあ。
それでも綺麗なので良しとしましょう。ただはしゃぎまくって集合写真を撮りまくるオバハン軍団にはまいりました。



平安神宮を後にした我々はもはや抜け殻のようであった。
とにかくホテルに戻りたい。しかし体力が・・・
再びエネルギー補給を必要とした我々(主に私)は甘味どころに突入した。

くり〜むあんみつ、ビバ!!

もはや多くは語る必要はない。美味かった。



我々の2日目の宿・・・『京都国際ホテル』である。
場所は二条城の真ん前。最高の立地ではあったが・・・
実はこのホテル奥様の勤め先の提携ホテルという事で格安で泊まることが出来ます。
しかし値段を知らずに行ったのでちょっと恐いのですが・・・
結果は恐ろしく安かったです。一人当り安くてもこのぐらいだろうと見当した金額で2人泊まれました。
また利用したいのだが・・・これが最初で最後だな。辞めちゃうし。

素泊まりですので一休みしてから夕食に・・・
今回は最初から雑誌で見当をつけて行き先を決めてあります。
行ってダメそうなら止めるという事でしたが・・・まぁ大丈夫と判断。
京都独特の細長い道を通って奥へと進む。
店は普通の居酒屋っぽかったのですが・・・ここは合格です。美味い!

また女性向きの店でしたがスペースが広い。都内であれば考えられない空間です。2階の座敷でしたが6帖程度の和室にたった4人。2テーブルしかなかった。全体的に余裕があり、もしかすると全国的にはこれが普通なのかもしれないが、チェーン店の居酒屋が専門の私には驚きであった。次回また京都に行くことがあったらぜひまた行くだろう。
ちなみに店の名前は・・・・ぬお〜〜〜、忘れた(爆)

お通し3点セット。結構いい感じでした。 生麩です。奥様、今回最大のヒット作です。私が一口しか食べてないのに残り全部とられました(ToT) もぅそりゃあこの上ない幸せそうな顔でどんぶりごと取られたら奪い返せません。次は2つ頼むことにしよう。2つとも取られそうだけどね。
『ふつうの』サラダです。本当に品名が『ふつうのサラダ』なんです。で、味の方も普通でした。(^^; あさりの釜飯。注文してから目の前で炊き上がるまで待ちます。早く食いてぇ〜!そして炊き上がった釜飯は絶品!なによりおこげ美味し!!
コロッケです。・・・・・・何コロッケだったか忘れてもうた。でも美味かった。それは憶えてる。 から揚げ〜!私の好物です。でも奥様はこの時すでにヨッパでして食ったことを憶えてません。



さて、夕食を終えた我々はホテルに戻ったのだが・・・もぅ駄目です。
この日はさすがにそっこうで眠りに落ちました。それこそ一瞬に・・・







4月9日(月)

さぁいよいよ最終日です。
この日は特に観光予定もなく帰るだけ。
そしてここまできたらもうこれを載せなくてはイカンでしょう。はい、本日の朝食です。

朝飯のパンでぇ〜す。 前日の夜行った居酒屋で時間まちしている間に近所のパン屋さんで朝食をGETしてました。
なんというか・・・数年まえならこれは私の1食分にもならないのですが・・・今回なんとこれで2人分です。
私がこれでメシを済ませる日が来ようとは…

う〜ん、朝食終わり。すくなぁ〜い。しかし今の私には十分であった。
だって眠いし(−.−)

さぁ家に帰るぞ!
我々はホテルを出る。そして目の前には・・・
二条城
そーいや修学旅行以来だな。見るか!でも・・・
もうこの時点では見る気なし。っていうかどーでもいい。でねも折角なので写真を一枚だけ撮りました。

二条城っス。門構えだけは城らしいが・・・ 二条城・・・・・・
本当か?
正門だけ撮っておしまい。
私をしる友人なら『またか。いつものパターンだな。』と納得してくれます。過去幾多の城を入りもせず外から撮ったことか・・・旅行するたびに同じことしてますから(^^;

・・・・もういいです。
さっさと京都駅にGO!
ちなみにこの日は平日です。めずらしく有給休暇とって旅行ですが平日の昼間っから遊んでるのは気持ちいいっス。しかし流石観光都市京都。平日だろうがお構いなしに観光客がいます。
とりあえずおばはん軍団と一緒に地下鉄で京都駅に向かう。

荷物をコインロッカーに預け、いざお土産を探しにGO!
しかし京都駅、いつのまにこんな風に・・・もはや昔の魔都のイメージはどこにもない近代的建物゛ある。
っていうかこんな感想じたい変なのだが・・・なんというかカッコイイぜっ!やるなJR!!

お土産をGETした我々は最後の急速をとるべく喫茶店へ
『またか。』とお思いでしょう。はい、そのとおりです。

イチゴタルトと紅茶(私が食べた分です。) イチゴのタルトと紅茶のセットです。
これを私が食べました(^^;
ちなみに奥様のケーキはチョコレートのシフォンケーキです。
それも美味しいんですが見た目でタルトにしてしまいました。
ちなみにこの時も写真を撮りまくる私をお客さんや従業員の方々は変な目で私を・・・
いや〜、もう慣れっこになってしまいました。

ついに京都に別れを告げ一路関東に・・・
しかし京都駅では悲しい別れがまっていました。
初日に駅のキヨスクで出会った猫の置物・・・妙に気になったあの子をぜひ購入すべく向かったのだが・・・
結局購入をあきらめてしまいました。
あ〜〜〜〜、やっぱ買っときゃよかった。
一応写真に収めたのでここで公開。(機会があったら購入しよう)
でも何処でも売ってそうだなぁ

う〜ん、こののび具合がぷりちぃ〜。
私と奥様のハートをがっちり捕らえたナイスプロポーション。ホテルで寝てるときにマネをして寝てました。
いや〜ん、かぁいい〜〜〜(⌒o⌒)

そして我々を横浜まで運んでくれる新幹線。
う〜ん、行きのかものはし号じゃないのね。
どうも初代にくらべてシャープな感じのするこいつは悪役っぽくて好きになれん。

新幹線です。悪役新幹線1号2号って? デジカメでよくもまぁ2両並んだところがとれたものだ。
左が下り、右が我々の乗る上りです。

さぁ後は帰るだけ。
たしかに帰るだけなのですが・・・
我々には本当に最後のイベントがあるのです。

旅行といえばコレなしでは語れません。しかも電車の旅ですぜ。
行きの車内で成し得なかった最後のイベント。

さあ、どうぞ。その写真です。







       






















はい、そうです。駅弁です。
これなくして電車の旅は語れません。
ちなみに2つの駅弁はほとんど私が食いました。



これで本当に旅行はおしまい。
・・・なんか食い物の写真ばっかのようだが・・・まぁいいでしょう(<どこが?)
とにかくシーズン真っ盛りの京都は人がいっぱいです。
次回はシーズンオフの冬の京都がいいですな。